リスクを抑えた長期投資のススメ


sdlsdkfsd 安定型といわれる「グローバルバランス型ファンド」。ですが、これも投資である以上、完全にはリスクがゼロではありません。運用成績には波があり、特にリーマンショック(2008年)のような事態が起これば、赤字が出てしまうこともあります。

ただし、運用成績の悪い年があっても落ち込まないこと。それが、このタイプの投資と上手く付き合っていくポイントです。世界経済は低迷することがありますが、永遠に悪い状態が続くわけではありません。いずれは持ち直してくるものです。例え資産が一時的に目減りしたとしても、焦らずじっくり構えていきましょう。

運用成績の悪い年があっても、焦って手放してはいけません。長期保有をしていけば、成績の良い年が悪い年の損失をカバーしてくれます。つまり「グローバルバランス型ファンド」では、長期的視野を持つことが重要なのです。少なくとも10年以上の長期投資になることを、あらかじめ想定しておくと良いでしょう。

人間には、先にある大きな利益よりも、目先の小さな利益に飛びつきやすい傾向があるようです。日本で人気の投資ファンドを見ると、長期よりも短期のほうが目立ちますが、これもその表れでしょう。

ことさら現代社会では、ビジネスにおいても、生活においても、長期スパンで物事を考えるより、いかに効率よく素早くやるか、ということばかりが重視されているように思われます。

ただ、変動する社会のなかで“損失を抑えて最終的に勝つ”ためには、精神的ゆとりと長期的な視野が必要です。何かが起きるたびに慌てたり、短いスパンばかりで物事を見たりしていては、安定的な資産運用など、とてもできません。

何も、時間をかけて投資の勉強をしろ、などと言っているのではないのです。そもそも「グローバルバランス型ファンド」の長期保有なら、運用は“おまかせ”ですからね。ただ、相場が変動しても慌てず、10年後・20年後・・・・・・を見据えて運用することの重要性を理解してもらいたいのです。目先の利益や損失に踊らされないことが、「グローバルバランス型ファンド」を賢く利用するコツ。これを覚えておいてください。

「グローバルバランス型ファンド」とは、腰を据えてつきあっていきましょう。そうすれば、5年・10年・20年先に、「やっていてよかった」と納得できるはずです。

引照: 【HIGHLOW.CC】

FXを甘く見ない

FXを始めるとすごく儲かると思うかもしれません。でもそんなに甘い世界ではありません。ポジションを入れてプラスに動いていけば楽しいですがマイナス方向に動いてしまうとすぐに切りたくなってしまいます。そして諦めて買いのポジションを切った後に上昇するというのは良くある話です。

FXというものは忍耐力が必要です。本でよく勉強してから始めたほうが失敗が少なくなるのではないかなと思います。勉強してもわからない時には手を出さないほうが無難です。

参考になる情報
関連情報



ウェブサイト情報