いろいろな注文方法


 FXでの取引の注文にはいくらかの種類があり、最も簡単で分かりやすいものが、実際に為替相場を見ながら、リアルタイムで注文を入れていく「成行注文」になります。

この成行注文は、相場の動きに丁寧に対応できるので大変有効なのですが、実際に相場を前にしなくてはならず、時間的に拘束されることや、相場の動きに心理的に引きずられてしまうこと、また、相場の値動きなどが激しい場合や、注文が殺到した場合、取引業者のサーバーなどが弱かったり不具合があったりした場合には、定めていた価格ではない価格で注文が約定されてしまうスリッページという状態になったり、注文自体が約定されないリクオートという状態になることもあります。

こうしたことを防ぐためには、「指値注文」という予約の注文方法があります。
この指値注文は、あらかじめ決めておいた価格にレートが到達した場合に、その価格で注文を約定するもので、相場に対してきめ細かな注文はできないものの、投資家の思惑をしっかりと反映させて新規注文を立てたり、決済注文を行うことができる注文方法になります。

また、この指値注文を決済で利用する場合に、損失のレート方向に仕掛ける「逆指値注文」
という使い方もあり、こうしておくことで、万が一為替レートが損失方向に動いてしまった場合に、その被害を最小限にして食い止める損切りの手法として使うことができます。

この予約の注文方法をいくらか組み合わせて行う注文方法もあり、この組合せ注文では、二つ同時の決済注文を出し、片方が約定したらもう片方をキャンセルするという「OCO注文」や、あらかじめ決めた価格で新規注文が約定されたら、それに対する決済注文を出す「IFD注文」、この二種類の組合せ注文をさらに組合せ、あらかじめ定めている価格で新規注文が約定されたら、それに対する決済注文を「OCO注文」で出し、利益確定と、損切りの注文を仕掛けておき、どちらかが約定されたら残った注文をキャンセルするという「IFO注文」という注文方法を利用することもできるのです。

こうした組合せ注文を使えば、取引きをある程度自動化できるために、例えば成行注文の際に起こり得る、相場の動きに心理的に惑わされる、というようなことが起こることが無くなります。

また、実際に為替相場を目の前にしていなくとも、例えば、新規の注文だけ行った後に、OCO注文で利益確定と損切りの設定を行っておけば、自動的に処理をしてくれますし、IFD注文であれば、決済注文を損切りに設定しておくことによって、あらかじめ相場を見込んで注文を仕掛けて、あとでゆっくりと利益を取り込み、万が一の場合は損切りが働くという布陣を引くことができます。

もちろん、IFO注文であれば、一回の取引きの全ての要素をあらかじめ仕掛けておくことができるために、注文だけセットしておけば自動取引が成立するのです。

このように、FXでは便利な組合せ注文などがたくさんありますので、いろいろと実践して利用していくことをお勧めします。

FXを甘く見ない

FXを始めるとすごく儲かると思うかもしれません。でもそんなに甘い世界ではありません。ポジションを入れてプラスに動いていけば楽しいですがマイナス方向に動いてしまうとすぐに切りたくなってしまいます。そして諦めて買いのポジションを切った後に上昇するというのは良くある話です。

FXというものは忍耐力が必要です。本でよく勉強してから始めたほうが失敗が少なくなるのではないかなと思います。勉強してもわからない時には手を出さないほうが無難です。

参考になる情報
関連情報



ウェブサイト情報