投資を行う際の税金と証券口座の種類について


sd6982d ネットビジネスで税金がかかるのと同様に、BOを行う場合でも税金は発生します。(詳細:バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記

<投資を行う際にかかる税金>
課税利益=売却金額―購入金額
働いている場合、課税利益が20万円以上であれば課税対象
無職の場合、課税利益が38万円以上であれば課税対象

大抵の場合、株の配当金等は、自動で源泉徴収が行われます。一方、売却益に関しては、1年に1回の確定申告を個人で行う必要があります。売却益は「最終的な収益総額-投資金額」で計算できます。

売却益が有職者の場合は年間20万円以上、無職の場合は38万以上になると、税金支払いの義務が発生します。2013年までは軽減税率のお蔭で、10%(10.147%)で済みましたが、2014年以降は東日本大震災の復興特別所得税が上乗せされ20%(20.315%)になりました。

確定申告を行う場合、目安としては、年間利益が100万円あったとしたら、うち20万円は税金として回収、残り80万円が手元に残ることとなります。但し、これはあくまでも単純計算で、実際はもう少し複雑な計算になりますのでご了承ください。

証券口座の種類について

証券会社で口座開設を行う時は、下記の口座種類から選ぶことになります。いずれの口座も無料です。

    一般口座
    特定口座(源泉徴収あり)
    特定口座(源泉徴収はないが確定申告が必要)
    NISA口座(2014年から開始)

今日では一般口座を選んでも利点はありませんので。概ね特定口座の源泉徴収ありかなし、のいずれかから選ぶのが一般的です。其々の口座は長所と短所が明らかですので、講座開設する際には特徴を良く理解した上で自分の都合の良い方を選ぶと良いでしょう。口座開設後の口座種類の変更は、勿論可能です。

NISA口座について

2014年以降、少額投資非課税制度に対応したNISA口座(日本版ISA口座)の開設も可能になりました。この制度下では、5年間に渡って、合計500万円以内だったら、毎年100万円までの投資利益が課税対象から外れます。

元々はイギリスで取り入れられていた制度ですが、イギリスではこれにより多くの人が投資に興味を持ち、お金の流動性が良くなるという変化が見られたので、日本でも取り入れることになりました。

上手に活用する事が出来れば、5年間で最大100万円程度の節税が可能です。注意しなくてはならないのは、NISA口座は一人1口座までと数が限られている点です。従って、ある証券会社でNISA口座を開設し、その後他の証券会社でNISA口座を新たに開く事は出来ません。NISA口座を開く際は、節税効果が最も出やすそうな、自分のメイン証券会社で開設するのがお勧めです。

FXを甘く見ない

FXを始めるとすごく儲かると思うかもしれません。でもそんなに甘い世界ではありません。ポジションを入れてプラスに動いていけば楽しいですがマイナス方向に動いてしまうとすぐに切りたくなってしまいます。そして諦めて買いのポジションを切った後に上昇するというのは良くある話です。

FXというものは忍耐力が必要です。本でよく勉強してから始めたほうが失敗が少なくなるのではないかなと思います。勉強してもわからない時には手を出さないほうが無難です。

参考になる情報
関連情報



ウェブサイト情報